トップページ > Whiz ロボット掃除機

Whizに関するレンタル利用規約

本規約は、アイリス電工株式会社(以下「当社」といいます。)が法人のお客様(以下「お客様」といいます。)に対して提供する、自律走行式バキューム清掃ロボット「Whiz」(以下「Whiz」といいます)のレンタル等の条件を定めています。 お客様が、当社に利用申し込みを行った場合は、本規約に同意したものとみなします。


第1条 (定義)

本規約に定める用語の定義は、以下の通りとします。
(1) 「機体本体」とは、Whizの本体部分(ハードウェア)をいいます。
(2) 「本ソフトウェア」とは、機体本体に搭載される自律走行及び運転機能(これに関連する通信機能及び各種表示機能を持つプログラム等を含みます。)を持つ、米国法人のBrain Corporation(以下「Brain Corp.」といいます。)が開発したBrain OS(ソフトウェア)をいいます。
(3) 「ライセンサー」とは、お客様に対し、本ソフトウェアの使用許諾を行うBrain Corp.をいいます。
(4) 「付属品」とは、バッテリー、チャージャー、お知らせブザー、お知らせブザー充電台(ケーブル含む)、機体本体の梱包箱及びお知らせブザーの梱包箱をいいます。
(5) 「本製品」とは、別項1に定めるものをいいます(付属品を含む)。
(6) 「本サービス」とは、本製品のレンタルに加え、消耗品の定期配送や故障時の保証を含めたものをいい、詳細は第2条に定めます。
(7) 「重大事故」とは、本製品に関して発生し、又は発生するおそれのある被害が重大な事象(法令違反、 製品事故、誤接続、誤課金、顧客情報漏洩及び脆弱性を含むがこれらに限られないものとします。)をいいます。

第2条 (本サービスの内容・価格)

1. 本サービスの内容は、以下各号に定めるものとし、いずれかのみをご利用いただくことはできません。
(1) 機体本体(付属品含む)のレンタル
(2) 本ソフトウェアの利用
(3) 保守サービス故障判断、故障時の交換対応、修理、各種問い合わせ受付等(本ソフトウェアの不具合及びアップデート支援等を含む))
(4) Whiz Connect 利用権の提供
(5) 自然故障時のWhiz本体交換
(6) 消耗品の定期配送
2. 本サービス内容及び提供価格は別項1に記載する通りとします。

第3条 (レンタル条件)

1. お客様は本製品を使用する前に、Brain Corp.が定める本ソフトウェア使用許諾条件に同意するものとします。
2. お客様が広告宣伝(不特定多数に向けての情報伝達手段となる新聞、雑誌、テレビ、WEBなどのメディアに掲載する宣伝を指します。)を行うにあたり、商標等を使用する必要がある場合、事前に当社に書面で通知し、当社の承諾を得なければならないものとします。当社の承諾なしにお客様が商標等を使用して広告宣伝を行った場合、当社は直ちに当該広告宣伝を禁止するものとします。

第4条 (消耗品・付属品)

機体本体の利用に必要な紙パック、ブラシ等の消耗品・付属品は、当社が指定するものを使用するものとします。当社が指定するもの以外を使用したことによる機体本体及び本ソフトウェアの不具合について、当社は何らの責任を負いません。

第5条 (契約の成立・開始)

1. お客様が本サービスを利用する場合、本規約及び第3条1項に定める本ソフトウェア使用許諾条件に同意のうえ、当社所定の方法による申込を行うものとします。
2. お客様が、当社所定の申込書(以下、「申込書」といいます)を当社に提出することを申込の定義とし、当社による申込書の受領をもって申込完了とします。
3. 申込完了後、当社がサービス開始通知を行い、お客様がこれを受領することをもって本規約に基づく契約(以下「本契約」といいます)が成立するものとし、本サービスの開始をお客様が確認したものとします。
4. 申込完了後であっても、本契約成立前であれば、当社は別途通知をもって申込をお断りできることとします。
5. 本契約における契約開始日、課金開始日、解約日は別項2の通りとします。
6. 返却品についての取り決めは別項3の通りとします。
7. 本契約成立後は、本契約の一部又は全部の取消し又は解除はできないものとします。ただし、一方当事者が相手方に本契約の変更を申し入れた場合は、両者で協議のうえ合意により変更できるものとします。
8. 本契約は、お客様から当社への解約申請がなされない場合は、終了日以降、同一条件をもって自動的に1ヶ月間更新されるものとし、以後も同様とします。

第6条 (本製品の納入・納品書)

1. 本製品の納入方法、納入場所、納入期日その他本製品の納入に関する一切の事項は、申込書に定めます。
2. お客様は、当社の本製品のサービス開始通知を納品書とみなします。
3. 当社は、納入期日までに、納入すべき数量の本製品を納入することができない場合、履行遅延の理由及び変更後の納入期日について、直ちにお客様が指定した電子メールアドレスへの送信によりお客様へ通知します。この場合、当社は、当該変更後の納入期日までに本製品を納入できるよう最善を尽くすとともに、その進捗等を随時お客様に報告するものとします。
4. 本製品の納入遅滞が生じた場合、その原因がお客様の都合による納期変更や天災地変、公権力による命令処分、ストライキその他の争議行為、輸送機関の事故その他当社の責に帰すことのできない事由によるときは、お客様は本製品の納期につき相当の日数の延長を認め、当社の当該遅滞責任を免責するものとします。

第7条 (本製品の検査)

1. お客様は、外観検査により、本製品の外観不良を発見した場合、納入日から3日以内に、当社にその旨及び内容を通知するものとします。
2. 当社は、前項の通知を受領した場合、お客様の指示に従い、外観不良製品を当社の費用及び責任において、直ちに引き取るものとします。
3. お客様は、第2項の場合、お客様の選択により、次の各号の全部又は一部を行使することができるものとします。
(1) 本契約の全部又は一部の解除
(2) 本製品の交換請求
4. お客様は、数量確認の結果、本製品の数量不足又は超過が判明した場合、納入日から3日以内に、その旨を当社に通知するものとします。その場合、お客様の選択により、次の各号の全部又は一部を行使することができるものとします。
(1) 本契約の全部又は一部の解除
(2) 数量不足分の補充の請求
(3) 数量超過分を当社の費用及び責任において引き取る請求
5. お客様は、本条第1項、第2項及び第4項に定める期日までに、当社に対し検査結果を報告しなかった場合、納入された本製品は、当該期間の経過をもって検査に合格したものとみなします。

第8条 (消耗品定期配送の納入・納品書)

1. 消耗品定期配送の納入方法、納入場所、納入期日その他消耗品定期配送の納入に関する一切の事項は、申込書に定めます。 なお、当社はお客様が本契約期間中に納入場所の変更を指示した場合、それに従うものとします。
2. 当社は、納入後と同時に、納品書をお客様に提出しなければならないものとします。
3. 当社は、納入期日までに、納入すべき数量の消耗品定期配送を納入することができない場合、履行遅延の理由及び変更後の納入期日について、直ちにお客様が指定した電子メールアドレスへの送信によりお客様へ通知します。この場合、当社は、当該変更後の納入期日までに消耗品定期配送を納入できるよう最善を尽くすものとともに、その進捗等を随時お客様に報告するものとします。
4. 消耗品定期配送の納入遅滞が生じた場合、その原因がお客様の都合による納期変更や天災地変、公権力による命令処分、ストライキその他の争議行為、輸送機関の事故その他当社の責に帰すことのできない事由によるときは、お客様は消耗品定期配送の納期につき相当の日数の延長を認め、当社の当該遅滞責任を免責するものとします。

第9条 (消耗品定期配送の検査)

1. お客様は、当社から前条に従って消耗品定期配送の納入及び納品書の提出があった場合、遅滞なく納入場所において外観検査及び数量確認を実施し、合格した場合、お客様は納入日から3日以内に、所定の受領書を当社に提出するものとします。
2. お客様は、外観検査により、本製品の外観不良を発見した場合、納入日から3日以内に、当社にその旨及び内容を通知するものとします。
3. 当社は、前項の通知を受領した場合、お客様の指示に従い、外観不良製品を当社の費用及び責任において、直ちに引き取るものとします。
4. 当社は、本条第1項、第2項に定める期日までにお客様が当社に対し検査結果を報告しなかった場合、納入された本製品は、当該期間の経過をもって、検査に合格したものとみなします。

第10条 (危険負担)

1. 本製品の納入前に、お客様の責によらない事由により本製品に滅失又は毀損が発生したときは、当社の負担とします。
2. 本製品の納入後に、当社の責によらない事由により本製品に滅失又は毀損が発生したときは、お客様の負担とします。

第11条 (禁止事項)

1. お客様は、本製品を保有する間、次の各号に定める行為を行ってはなりません。
(1) 本製品の日本国外への持出し、日本国外での利用
(2) 当社に無断で第三者に再貸与、譲渡、又は第三者と共同利用すること
(3) 清掃目的以外による本製品の使用、本製品の説明書又はマニュアルで禁止する使用
(4) 本製品の分解又は改造をすること
(5) 本ソフトウェア及び本ソフトウェアにかかるプログラムの複製、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、ソースコード導出の試み、暗号化、修正又は二次的著作物の創造、データの抽出及び公開をすること
(6) 当社、ライセンサー又は機体本体の製造者が保有する商標権、特許権、著作権等の知的財産その他法令上又は契約上保有する権利を侵害する行為
(7) 当社、製造者もしくはライセンサーの信用を毀損する行為、又は他人に対するいやがらせ、もしくは誹謗中傷を目的とする行為
(8) 法令に違反する行為、公序良俗に反する行為、その他前各号のいずれかに該当する行為を助長する行為
(9) 本契約に基づき発生する自己の権利義務の全部又は一部を、当社の事前の承諾なく、第三者に譲渡し、引き受けさせ、又は担保に供する行為
(10) その他、当社が不適切と判断した行為

第12条 (代金の支払い)

1. 本製品のレンタル料金は、毎月1日に発生するものとします。
2. お客様は、前項に定めるレンタル料金を、口座引き落としでお支払いされる場合については、当月末締め翌月26日に指定の口座から引き落としにて支払うものとします。なお、支払期日が金融機関の休業日に該当する場合は、翌営業日を引き落とし日とします。
3. お客様は、前項に定めるレンタル料金を、振り込みでお支払いされる場合については、当月末で締めた請求書をもとに翌月末までに指定口座に支払うものとします。なお、支払期日が金融機関の休業日に該当する場合は、直前の営業日を支払期日とし、振込み手数料等の費用がかかる場合は、お客様が負担するものとします。

第13条 (権利の帰属と非侵害)

1. 本サービスのうち、機体本体と付属品にかかる所有権は、ソフトバンクロボティクス株式会社に帰属します。
2. 機体本体及び本ソフトウェアにかかる知的財産権は、機体本体の製造者であるソフトバンクロボティクス株式会社又はライセンサー等の権利者に帰属し、本サービスの利用により、お客様に譲渡され、又は移転等されるものではありません。お客様は、本サービスの利用において、当該権利者の権利を侵害し、又は権利者に損害を与える可能性のある行為を一切行ってはならないものとします。

第14条 (品質保証)

1. 以下の各号に定める事項について、ソフトバンクロボティクス株式会社がお客様に保証するものとします。
(1) 本契約に定める品質、機能、性能等に合致していること
(2) 製造物責任法(平成6年法律第85号)第2条第2項に規定する欠陥その他設計、材質もしくは製造上の欠陥が存在しないこと、又は発生しないこと
(3) 本契約及び本製品にそれぞれ適用される法令、ガイドライン(公的規格・規制等を含みます。)を遵守していること。

第15条 (品質保証違反の措置)

ソフトバンクロボティクス株式会社が、第14条に定める保証事項に違反した場合(そのおそれがある場合を含みます。)、ソフトバンクロボティクス株式会社は、ただちにその旨当社を通じお客様に通知し、第三者との紛争の有無にかかわらず、お客様の承諾を得たうえで、すみやかにソフトバンクロボティクス株式会社の費用と責任において、当該違反を是正する措置を講じます。なお、当該措置には、第三者から必要な権利許諾を受けること、第三者の権利の侵害又は欠陥が存在しないものに修正又は改変することを含みます。

第16条 (重大事故)

1. ソフトバンクロボティクス株式会社は、重大事故に関し、関係法令、ガイドライン等を遵守するとともに、ソフトバンクロボティクス株式会社の費用及び責任において、次の各号の事項を含む体制を整備し、実行するものとします。
(1) 重大事故の未然防止及び被害の拡大防止のために、代理店等及び行政機関等と連携・協力し、事故情報を入手すること。
(2) 重大事故が発生した場合、迅速かつ適切に当該重大事故に関する次の事項を実施すること。
(i) 顧客対応
(ii) 現地調査
(iii)現品回収
(iv) 行政対応
(v) 情報収集・分析
(vi) その他必要な対応
(3) 重大事故の原因究明を迅速かつ適切に実施し、被害の拡大防止及び再発防止の施策を実施すること。
(4) 重大事故に関する情報の収集、分析結果及び原因究明結果を踏まえて、リコールの是非及び内容について、迅速かつ適切に判断し行動すること。
2. 製造者は、本製品に重大事故を発見した場合(自ら発見する場合もしくは乙又は公的機関等を通じて発見する場合を問わないものとします。)当社を通じお客様にその旨を通知しなければならないものとします。


第17条 (アップデート)

1. お客様は、ライセンサーがいつでも本ソフトウェアのアップデート、バージョンアップ、その他改変(以下「アップデート等」といいます。)を行う権利を保有しており、これらの権利の行使について事前に通知されないことを承諾するものとします。
2. 前項の定めにかかわらず、ライセンサーによるアップデート等により、本製品の仕様、品質又は機能等が変更になる場合、当社は可能な限りすみやかに、その旨及び変更後の内容を、お客様に通知するものとします。ただし、お客様による本製品の通常の使用に影響を与えない軽微な変更はこの限りではありません。
3. 当社は、ライセンサーによるアップデート等の目的が、本製品に生じている問題を解決するものである場合、アップデート等の実施後の本ソフトウェアのインストール、再起動をお客様に行わせるよう、お客様に依頼することができるものとします。

第18条 (データ利用)

1. お客様は、サービスの適正な運用のため、当社、ソフトバンクロボティクス株式会社、ディーコープ株式会社、ライセンサー及びライセンサーが指定する第三者が、機体本体及び本ソフトウェアの利用により得た情報(走行情報、マップ等)を閲覧、処理、保管・管理することを、あらかじめ承諾するものとします。
2. 当社、ソフトバンクロボティクス株式会社、ディーコープ株式会社、及びライセンサーは、本契約終了後も、前項の情報を匿名化したうえで保有し、利用できるものとします。

第19条 (本製品の問い合わせ・保守・サポート)

1. 保守サービスは、ディーコープ株式会社が運営する問い合わせ窓口(以下「Whizサポートセンター」といいます)をお客様に提供するものとし、当該保守の詳細は、別項4「保守要綱」に定める通りとします。
2. 本製品の保守のうち、有償対応が必要になる場合は、保守が有償であること及び有償保守の内容について、当社又はディーコープ株式会社が事前にお客様に説明するものとします。

第20条 (免責)

1. 当社は、本製品に製造物責任法第2条第2項に定める欠陥がないこと、及びバグ等の瑕疵その他の不具合が存在しないことを保証するものではありません。
2. 当社は、自己の故意又は重大な過失に起因する場合、又は本規約に別段の定めがある場合を除き、本製品の有用性、正確性及び完全性等について、明示又は黙示にも一切保証をするものではなく、本製品の変更、中断、停止もしくは廃止、その他本製品に関連して発生したお客様の損害について、損害賠償責任その他一切責任を負わないものとします。
3. 当社は以下の各号の事項については一切の責任を負わないものとし、お客様が自己の責任で解決するものとします。
(1) お客様が本規約に違反した結果、お客様及び第三者に生じた損害
(2) 情報の消失等により生じたお客様の損害

第21条 (秘密保持)

1. 当社及びお客様は、本契約において秘密である旨を明示して開示された相手方の情報(以下「秘密情報」といいます。)を漏洩し、又は相手方の事前の書面による承諾を得ないで、本契約の履行目的以外に利用し、秘密情報を第三者に開示してはならないものとします。ただし、次の各号の一に該当する場合及び本契約の履行目的で委託先(第25条に定義します。)に開示する場合はこの限りではないものとします。
(1) 開示者の開示時に既に公知であった情報
(2) 開示者の開示時に既に受領者が保有していた情報
(3) 開示者の開示後、受領者の責めによらず公知となった情報
(4) 受領者が第三者から秘密保持義務を負うことなく適法に取得した情報
(5) 開示者から開示された情報によらず受領者が独自に開発した情報
2. 当社及びお客様は、秘密情報について、法律、規則、政府又は裁判所の命令等によって、官公庁又は裁判所から開示が義務付けられた場合、その目的達成のために必要最小限の範囲において、秘密情報を行政庁又は裁判所に対して開示することができます。但し、この場合、法律上許容される範囲で、事前又は開示後速やかに相手方にその旨を報告するものとします。
3. 本条の規定は、本契約の終了後も3年間は有効に存続するものとします。

第22条 (個人情報等の利用)

1. 当社及びソフトバンクロボティクス株式会社及びディーコープ株式会社は、お客様に係る個人情報(担当者氏名、住所、電話番号及び契約者識別符号等の法人情報を含む情報をいいます。以下同じとします。)を次に定める目的の遂行に必要な範囲において、利用するものとします。
(1) お客様からの本製品に関する問合せ対応及び保守サービスの提供
(2) 代金、有償保守等の請求に関する手続きの案内、その他関連情報の提供
(3) 本製品利用状況の管理及び管理サービスの提供
(4) 本製品及び本ソフトウェアにかかる各種案内(新製品及びイベント等の案内を含む。)
2. お客様は、本条第1項に定めるところにより、当社及びソフトバンクロボティクス社及びディーコープ株式会社が個人情報を利用することに同意するものとします。なお、当社及びソフトバンクロボティクス社及びディーコープ株式会社以外の第三者が個人情報を利用し、又は当社と共同利用する場合は、事前にその旨明示して、お客様からの同意を得なければならないものとします。

第23条 (損害賠償)

当社及びお客様は、本契約に基づく債務の履行、不履行又は自己の責により本契約に違反し、相手方に損害を与えた場合、本契約の解除の有無にかかわらず、その相手方が直接かつ実際に被った損害について賠償責任を負うものとします。ただし、自己の責に帰すことのできない事由から生じた損害、予見の有無にかかわらず特別の事情から生じた損害、逸失利益については、賠償責任を負わないものとします。

第24条 (不可抗力)

1. 天災地変、戦争、暴動、内乱、火災、停電、法令の制定・改廃、公権力による命令・処分、争議行為、輸送機関又は仕入元の事故・破産等、その他当社の支配が及ばない事由による本契約の全部又は一部の履行遅滞もしくは履行不能が生じた場合、当社はその旨ただちにお客様に通知するものとします。
2. 前項の事由が1ヶ月以上継続し、当社が本契約に基づく履行が不可能と判断する場合は、その旨お客様に通知したうえで本契約の全部又は一部を解除することができるものとします。

第25条 (再委託)

当社は、本サービスの提供のため、第三者(再委託する第三者等を含み、以下「委託先」と総称します。)に業務を再委託することができるものとします。

第26条 (反社会的勢力の排除)

1. 当社及びお客様は、自己の代表者、役員もしくは実質的に経営を支配する者又は本契約を代理もしくは媒介する者が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力(以下「反社会的勢力」といいます。)に該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
2. 当社及びお客様は、自ら又は第三者をして次の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
(1) 相手方又は第三者に対する暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第9条各号に定める暴力的要求行為
(2) 相手方又は第三者に対する法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 相手方又は第三者に対する、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
(4) 偽計又は威力を用いて相手方もしくは第三者の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
3. 当社及びお客様は、相手方が前項の該当性の判断のために調査を要すると判断した場合、その調査に協力し、これに必要と判断する資料を提出しなければならないものとします。
4. 当社及びお客様は、相手方が本条第1項又は本条第2項の規定に違反している事実が判明した場合、何らの催告なしに、当社とお客様間で締結されたすべての契約の全部又は一部を解除し、かつ、相手方に対して反社会的勢力の排除のために必要な措置を講ずるよう請求することができるものとします。
5. 前項の規定により、相手方から当社及びお客様間で締結された契約を解除された場合又は反社会的勢力の排除のために必要な措置を講ずるよう請求された場合、当社及びお客様は、当該相手方に対し、その名目を問わず、当該解除又は措置に関し生じた損害及び費用の一切の請求をしないものとします。
6. 当社及びお客様は、本条第4項の規定により当社とお客様間で締結された契約を解除したことにより損害を被った場合には、相手方に対してその損害の賠償を請求することができるものとします。

第27条 (契約の解除)

1. 当社又はお客様が次の第1号から第6号の一に該当した場合、相手方は、何ら催告することなしに、本契約の全部又は又は一部を解除することができるものとします。
(1) 財産につき差押、仮差押、仮処分もしくは競売の申立てを受け、又は租税滞納処分を受けたとき
(2) 支払不能もしくは支払停止に陥り、又は破産、民事再生、会社更生、又は特別清算の申立てがあったとき
(3) 営業の廃止もしくは変更、又は合併によらない解散の決議をしたとき
(4) 振出し又は裏書した手形、又は小切手の決済ができなかったとき、あるいは手形取引上の交換停止処分を受けたとき
(5) その他支払能力に支障が生じたと認められる客観的事態が生じたとき
(6) 相手方に対して虚偽の事実を告げたとき、又は相手方に通知した事実が虚偽であると合理的に判断されるとき
2. 当社又はお客様が本契約に違反した場合、相手方は、相当な期間を定めて当該違反事由の解消を求める催告を行うことができるものとし、当該期間経過後、なおも違反当事者が違反事由を解消しなかったときは本契約を解除することができるものとします。
3. 前2項により本契約が解除された場合、当社又はお客様が解除された本契約において有する債務は期限の利益を失うものとし、ただちに全ての債務を相手方に弁済するものとします。
4. 前3項の規定は、当社又はお客様から違反当事者に対する損害賠償請求を妨げないものとします。

第28条 (残存条項)

本契約の終了後も、第10条(危険負担)、第11条(禁止事項)、第14条(品質保証)から第16条(重大事故)、第21条(秘密保持)から第23条(損害賠償)、第30条(紛争処理)から第32条(協議)及び本条の規定は、有効に存続するものとします。

第29条 (法令等の遵守)

当社及びお客様は、本契約の履行に際して、関連する全ての法規、規則及び命令を遵守しなければならないものとします。

第30条 (紛争処理)

1. 本規約に定めなき事項、又は本契約に関し疑義を生じたときは、お客様と当社で協議のうえ定めるものとします。
2. 本契約の準拠法は日本法とし、紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第31条 (規約の変更)

当社は、お客様の承諾を得ることなく本規約を変更できるものとします。この場合、本規約の各条件は、変更後の本規約の内容によります。当社は可能な限り速やかに、変更後の内容を書面、電子メール又はウェブサイト等により通知・公表するものとします。

第32条 (協議)

本規約に定めのない事項又は本契約の履行に疑義が生じた場合は、お客様と当社の双方で誠意をもって協議の上、解決を図るよう努めるものとします。

【2019年12月9日 制定】
【2020年5月8日改定】

(別項1) 本サービス内容一覧と提供価格


第1条 (本サービスに付随する製品)

本サービスには以下が含まれます。なお、本サービスに含まれる保守サービスについては別項4に定めるものとします。
(1) Whizレンタル

提供商品・パーツ 本製品レンタル 消耗品定期配送
Whiz本体+付属品
※初回導入時
スターターキット
※初回導入時:別送
定期配送
※頻度は各項目参照
Whiz本体 1個 - -
紙パック 1枚 3セット
(10枚/1セット)
1セット
(10枚/1セット)
※2ヶ月に1回
ブラシ 1個 - 1個
※6ヶ月に1回
HEPAフィルター 2個 - 1セット(2個/セット)
※6ヶ月に1回
お知らせブザー 1個 - -
お知らせブザー充電台(ケーブル含む) 1個 - -
マイクロファイバークロス 1個
バッテリー 1個
【無償交換】
交換目安:800サイクル
(新品の場合)
- -
チャージャー 1個 - -
チャージャー用コード 3個 -
HLC 1セット
(10枚/1セット)
- -
箱(本体・お知らせブザー・バッテリー・チャージャー) 各1個 - -
箱(スターターキット) - 1個 -

(2) 追加バッテリーレンタル
提供商品 本製品レンタル
追加バッテリー 1個
【無償交換】
交換目安:800サイクル
3時間/日 利用で2年半
(新品の場合)
1個

(3) 追加チャージャーレンタル
提供商品 本製品レンタル
追加チャージャー 1個
1個


第2条 (本サービスの提供価格)

本サービス1契約あたり当社からお客様へのサービス提供価格(税別)は以下の通りです。

項目 サービス提供価格(月) (参考)サービス提供価格(年)
(1)Whizレンタル
 ・本製品のレンタル
 ・保守パック
 ・消耗品パック
月額 40,000円/台 年間 480,000円/台
(2)追加バッテリーレンタル
 ・本製品のレンタル
 ・保守パック
金 3,000円/月 金 36,000円/年
(3)追加チャージャーレンタル
 ・本製品のレンタル
 ・保守パック
金 1,600円/月 金 19,200円/年

(別項2)契約/課金開始及び解約


第1条 (契約開始日)

当社のサービス開始通知日をもって契約開始日とし、検収完了と見なすものとします。
当社は、出荷日が出荷希望日から月を跨ぐ場合はお客様に通知するものとします。

第2条 (課金開始日/無償期間の設定)

契約開始月を起算月として、起算月を含む最大1ヶ月を無償期間とします。
起算月をn月とすると(n+1)月の1営業日が課金開始日とします。

第3条 (無償期間の不正利用防止)

無償期間はお客様の納入先毎に初回のみ利用できるものとし、当社の判断に基づいてお客様が複数回の無償期間を利用することを禁ずることができるものとします。
不正利用判断はお客様の法人マイナンバーを基に重複申込の有無を基準に定めます。

第4条 (解約日)

お客様からソフトバンクロボティクス株式会社への本製品の返却受領をもって解約日とします。
毎月末日(月末が土日祝祭日の場合はその直前の営業日)までに受け付けた解約申請について、解約申請月の翌月末日を解約予定日とし、当社からお客様へ解約申請受領の旨を通知するものとします。
お客様は、前項の解約申請受領通知の指示に従い、当社指定の方法で、当社指定場所へ本製品を返却するものとします。なお、その場合の配送費は当社負担とします。
解約予定日までに本製品の返却受領がなされなかった場合、解約予定日をもって解約日とし、別項3、2項が適用されるものとします。

(別項3)返却品の取り扱い


第1条 (初期配送/返却時の発送物)

(1) 返却先はソフトバンクロボティクス社とします。
(2) 返却時の発送物は以下の通りとします。

箱別分類 パーツ セット 返却
本体・付属品 Whiz本体 1台
紙パック 1枚
ブラシ 1個
HEPAフィルター 1セット(2個)
お知らせブザー 1個
お知らせブザー充電台 (ケーブル含む) 1個
マイクロファイバークロス 1個
Whiz梱包箱 1個
お知らせブザー梱包箱 1個
バッテリー 及び 追加バッテリー バッテリー 1個
バッテリー梱包箱 1個
チャージャー 及び 追加チャージャー チャージャー 1個
チャージャー用コード 3個
チャージャー梱包箱 1個
スターターキット 紙パック 3セット(30枚)
ホームロケーションコード 1セット(10枚)
スターターキット梱包箱 1個


第2条 (未返却・紛失損害金)

(1) お客様から本製品の返却が次号の返却期限までに確認できない場合、当社は未返却損害金として本体・付属品含む実費相当として金 498,000円を請求し、お客様はただちに支払することを義務付けます。ただし、第一条に定める機体本体・付属品の一部のみ返却が遅延した場合の未返却損害金は、実費相当を上限として別途協議の上決定するものとします。
(2) 別項2第4条に定める解約予定日を返却期限とします。
(3) 交換時の返却期限は交換品送付後から4週間とします。
(4) 本契約期間中に紛失した場合も、同様に実費相当を請求します。
(5) 故意に返却しない場合、又は本製品の転売が発覚した場合は、上記金額に加えて1,000,000円を請求します。

第3条 (支払遅延損害金)

(1) お客様が当社に対する料金の弁済を怠った場合、支払期日の翌日から完済の日まで、遅延した金額について、年率14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

(別項4)保守要綱

 

第1条 (本製品 毀損時の交換対応)

1. お客様は、本製品について、理由の如何を問わず毀損が発生した場合、当社所定のWhizサポートセンターに申告を行うものとします。
2. 当社は、前項の申告を受け付けた場合、その申告内容に応じ本製品の交換を行うものとします。
3. 本条第1項に定める申告に応じ交換を行う本製品(以下「故障機」といいます)から代わりに提供する本製品(以下「交換機」といいます)へのデータ(Map等)の移行対応等は、別途当社及びお客様が協議の上、合意した日時及び場所において行うものとします。
4. お客様は、前項に定めるWhizの交換に関し、次の事項を遵守し、予め承諾するものとします。
(1) 当社は、不具合や毀損の申告及び回収の時点では、有償修理となるか否か、また有償修理になる場合の金額につき判断や通知を行うことはできないため、申告時点において、有償修理が発生した場合にお客様がその修理費用を負担することに承諾した場合のみ交換が受けられることとします(当該承諾をせずに交換機の提供を受け、有償修理が発生した場合に、修理費用の支払を免れることが出来るものではありません。)。
(2) 故障機のデータ(Map等)を事前に通信環境の良いところでクラウド上にアップロードした上で、当社に引き渡すものとし、お客様がそれらを行わなかったことにより、お客様又は第三者に生じた損害につき、当社は一切の責任を負いません。
(3) 故障機の返却にあたり、Whizに消耗品や付属物(取扱い説明書で推奨されていないものや契約違反に該当するものを含む。)が付着していた場合、お客様の責任をもってこれを取り外すものとします。なお、万が一、消耗品や付属物を取り外さずに返却した場合、当該消耗品や付属物については所有権を放棄したものとみなします。
(4) 故障機を配送する際の配送費については、当社が負担します。
(5) 交換機のファームウェアのバージョンが、故障機と同一のバージョンではない場合があり、故障機のファームウェアのバージョンで正常に使用できたことが、交換機では正常に動作しない場合があります。
(6) 交換器を配送する際の配送費については、当社が負担します。
(7) 故障における交換により、当社がお客様にレンタルするWhizは、交換機となります。
(8) 故障機及び交換機の配送については、当社指定の配送方法を採用することとし、故障機のお客様による持ち込みは出来ません。

第2条 (有償修理)

当社は故障機を受領後、診断し、第3条に該当する場合は、有償対応とします。

第3条 (有償修理条件)

以下のいずれかを原因とする故障又は損傷とソフトバンクロボティクス株式会社が判断した場合には、有償での対応とさせていただきます。
a. お客様又は第三者の故意又は過失もしくは法令違反
b. 説明書等に記載の使用方法及び注意事項に反する利用
c. 屋外での利用
d. 飛行機機内への持ち込みや、海外での利用
e. 戦争・テロ・動乱・暴動等
f. 火災、水害、落雷、凍結、その他の天災等当社の責に帰すべき事由によらない場合
g. フィルター交換などのお客様の保守管理の問題
h. その他お客様の責めに帰すべき事由に起因する場合
i. 当社以外で、修理・改造・塗装等された形跡があると当社が認めた場合
j. 故障の原因等について虚偽の報告がなされたことが明らかとなった場合
k. 当社製品に関する支払いを現に怠っている場合
l. 消耗品の消耗
m.外装の破損が確認できた場合

第4条 (診断作業費用)

製品の診断を実施いたします。故障が認められない場合、又は第3条に定める内容に起因する場合、発生する診断作業費等の対応費用を請求させていただきます。

第5条 (修理代金請求)

1. 当社は、毎月20日締めにて、有償修理が発生した本製品の修理費用を請求します。
2. お客様は、前項の締日の翌月末日(金融機関の休業日に該当する場合は前営業日)までに、当社が指定する金融機関の口座へ振り込み、修理代金を支払うものとします。なお、振り込みに係る手数料は、お客様の負担とします。
3. 当該費用の算出対象は第3条の条件を満たしたもののうち、機体本体(お知らせブザー、お知らせブザーの充電台、バッテリー、チャージャー、その他物品を含む)の修理費用とします。

第6条 (カスタマーサポートサービスレベル)

項目 Whizサポートセンター
対応時間 平日 月曜日から金曜日(土日祝日、年末年始を除く)
営業時間9:00〜17:00
問合せ方法 メール又は電話
メールアドレス)Whiz_iris_toiawase@deecorp.jp 電話番号)03-6859-9414

第7条 (配送リードタイム)

項目 リードタイム
故障機体交換 依頼後5営業日着荷

第8条 (交換条件)

紙パック等の消耗品については、お客様の顧客への出荷日から14日間以内に申告のあった製造上の不良は、初期不良として未使用品に限り無償で交換いたします。

 

PAGE TOP